学校生活(H30-R4)

美術部3年・渡邊晃里さんの作品が「第29回宮城県高等学校総合文化祭(美術・工芸)」県代表として展示されます。

 令和4年6月25(土)、26日(日)に若柳総合文化センターと若柳公民館を会場に「第29回宮城県高等学校総合文化祭」が開催されます。この催しの「美術・工芸部門」に本校・美術部3年渡邊晃里さんが制作した立体作品「連鎖」が展示されます。

 モビールでバランスのとれたスズメバチをモチーフにした動きのある面白い作品となっています。機会がありましたら是非ご鑑賞ください。これからも美術部の活躍にご期待ください!

連鎖

美術部の活躍!本校・美術部3名の作品が東京都美術館(東京・上野)「第109回日本水彩展」に展示されます。

 令和4年6月23日(木)~30(木)の期間、東京・上野公園内にある東京都美術館会場に「第109回日本水彩展」が開催されます。本展の高校生部門に本校・美術部3名(3年・齋藤大翔くん、3年・庄司凜桜さん、2年・中村凰雅くん)の作品が展示されます。

この展覧会は大正2年(1913年)より続く、長く歴史ある団体・展覧会となっており、写実の伝統的なものから、抽象を含む現代的なものまで幅広い作風の作品が展示されます。機会がありましたら是非、本校部員の3作品と共にご鑑賞ください。これからも美術部の活躍にご期待ください!

美術部の活躍!髙橋瑞穂さんの2作品が光村図書「ART BY STUDENTS 生徒作品ギャラリー」に選抜されました。

 教科書出版で有名な光村図書では2018年より「ART BY STUDENTS 生徒作品ギャラリー」というウェブコンテンツを立ち上げ、創意工夫にあふれる全国の中学生・高校生の美術作品を紹介しています。この全国の高校生の作品約250点(2021年12月時点)の中に本校・美術部3年生の髙橋瑞穂さんが制作した2作品が掲載されています。

 作品名「息抜き(2021年制作)」と「年月(2020年制作)」の2作品どちらも「人物を描く」のコーナーにて作者である髙橋瑞穂さんの想いと共に閲覧が可能です。実際の作品は本校美術室前廊下に展示していますので、ぜひご鑑賞ください。

息抜き年月

生徒送迎の際の待機駐車場所について(お願い)

生徒送迎の際の待機駐車場所について昨年度2月に配信した内容を再度掲載します
保護者の皆さまにおかれましては,ご理解・ご協力いただきますようお願い申し上げます。

=========================

 日頃より本校の教育活動にご理解とご協力を賜り感謝申し上げます。

 さて,昨年末に実施した「学校評価アンケート」につきましては,多くのご回答をいただきありがとうございました。その際,本校への生徒の送迎に関して,駐車場の確保をお願いしたいというご意見を多数いただきました。

 本校では検討を重ねたのですが,やはり本校の立地上,生徒の安全確保や部活動への支障等を考慮すると,校地内に乗用車を入れることは大変難しいという結論になりました。

 そこで涌谷町の全面的なご協力をいただき,保護者送迎のための乗用車待機場所として,「わくや天平の湯」の駐車場の一部をお借りすることに致しました。今後は,天平の湯に国道から入って左側にある駐車場を,待機のためにご活用ください。そのうえで,生徒を迎えに来る際は,携帯電話等で生徒本人と連絡を取り合い,校門前ではできるだけ短時間で乗降車くださるようお願い致します。また混み合う場合等は,生徒が徒歩で天平の湯方面に向かうなど,送迎場所の分散にご配慮いただけると一層助かります。

 なお,天平の湯の駐車場におけるトラブルにつきましては,施設,学校とも一切責任を負いかねますのでご了承ください。保護者の皆様のご理解とご協力を,よろしくお願い申し上げます。

※ 毎週水曜日は,「わくや天平の湯」の定休日となりますので,ご注意ください。

 

総合文化部情報処理班 写真甲子園に応募しました!

総合文化部情報処理班では,有志メンバーの活動として,『写真甲子園 2022』に作品を応募しました!

総合文化部は今年度から「情報処理班」のみの班編制となり,昨年度は3年生のみが「写真班」に所属することもできました。

そのため,現在,総合文化部に所属している部員の中には,写真に興味を持ち,日頃から撮影をしている生徒も在籍しています。

写真班は休部中ではありますが,“総合文化部”として,写真に関する活動についてもできる限りサポートしていきたいと考えています。

こうした活動を通して,少しでも生徒の可能性を伸ばすことができれば幸いです!

 

今後も少しずつですが活動の幅を広げていき,部員たちは時には苦労することもあるでしょうが,将来のために成長していくきっかけになればよいと考えています。

保護者の皆様のご協力をお願いいたします。